原因を探ろう! | バイアグラでED克服!男の自信を取り戻そう!

バイアグラでED克服!男の自信を取り戻そう!

原因を探ろう!

3錠の画像

まずは勃起のメカニズムについて考えていきましょう。簡単に説明すると五感で性的興奮(女性の裸を見る、肌に触った感覚など)を得ることで脳はその反応を身体に伝えようとします。その興奮は男性器に伝わることで勃起をするのですが、そのためには当然脳から男性器へと伝達されないといけません。その通り道が脊髄の中に通っている神経の1つ「勃起神経」です。しかし、そんな勃起神経には自律神経という門番がおり、それが「交感神経」か「副交感神経」かによって性的興奮が男性器に伝わるか否かが決まります。
自律神経は、不安や緊張があると「交感神経」がはたらきます。この状態ですと脳からの性的興奮が男性器に伝わらなくなります。セックス時にイライラしていたり心配事がある状態、つまり不安や緊張がある状態では勃起し辛いというのは、交感神経になっているからなのです。ですが、リラックスした状態だと自律神経は「副交感神経」となり、性的興奮は男性器にスムーズに届くようになります。
EDというのは、このメカニズムが何かしらの要因で邪魔されている状態なのです。

その原因のひとつが「器質性」です。器質性というのは外的要因によるもの。具体的には怪我や脳出血、脳腫瘍、脳外傷、パーキンソン病、アルツハイマー病などで自律神経が傷ついてしまった場合のこと。とはいえ、これらはリハビリにて改善していくことも可能になっています。
もうひとつの原因は「心因性」です。心の問題とでも言いましょうか、たとえば以前うまくセックスが出来なかった…今回はうまくやらなければ。もしくは、妻は子供を欲しがっておりセックスしなければいけない。というようなプレッシャーにより自律神経が副交感神経になってしまうとうまく勃起できなくなります。中には過去のトラウマ、パートナーからの心無い言葉などで傷ついてしまった…それで勃起できないとなるとそれは心因性だといえます。心理療法が必要です。

© バイアグラでED克服!男の自信を取り戻そう!